100円ショップで買えるお掃除グッズ

最近は、ホームセンターでは高い値段で販売しているようなお掃除グッズが100円ショップでも購入できる場合があります。

私が使っているお掃除グッズの中にも、100円ショップで見つけた品があり、
安いのに便利、な品なので、ご紹介させて頂きます。

それは、マイクロファイバーで出来ている手袋です。

マイクロファイバーは髪の毛よりも細い繊維で、水だけで汚れを落とすことが出来るので、少し前から使っておりました。

使い始めた頃は結構高かったと思います。
それが、100円ショップでも販売していることに気付きビックリ。以後は、100円ショップで購入するようになりました。

そして、見つけたのが、この手袋です。

今まで使っていたのはマイクロファイバーのタオルや、ふきんのような物。
手袋?!は初めてでした。

でも、この形状がまるで素手でお掃除している感覚で使いやすく、細かい場所の汚れも取りやすく、とても便利なんです。

マイクロファイバーでのお掃除は、洗剤を付けずに汚れを落とすことができ、二度拭きの手間が省けるので、それだけでもお勧めのお掃除グッズですが、この手袋の形状は更にすごい。便利でオススメの品です。

フローリングの床

最近では家族みんなが集うリビングはフローリングの床がメインになっています。テレビたゲームなど長時間過ごすことが多いスペースです。住宅用クリーナーで掃除する人が多いですが、小さい子供がいる家庭では安心安全素材のクリーナーですっきり掃除したいですね。安心できるクリーナーには重層水があります。重層なら食用にも使われている人のお体に触れても安全安心な成分でできているので、フローリングをはい回る赤ちゃんにも安心安全です。水で薄めてつくる酢水で掃除しても安心です。

フローリングを掃除する道具としては、モップや雑巾などがあります。食品による油汚れがありますのでキレイに掃除したいです。フローリングの黒ずみの原因は小さい子どもが裸足でフローリングを走り回ることによっておこる皮脂の汚れが原因です。なのでこまめに掃除を行うことが大事です。重層水の場合は1リットルに大さじ2.5杯分が適当です。あまり汚れがひどい時は湯を使いましょう、

電子レンジの掃除

電子レンジはこまめな手入れと定期的な手入れでキレイになりますが、焦げ付き汚れが多く放っておくと汚れがどんどんたまっていき、汚れが落ちにくくなります。一番簡単な方法は、水にぬらしたタオルを軽く絞って電子レンジに入れて加熱します。庫内の蒸気により汚れが落ちやすくなります。この汚れ落とし方法は頑固な汚れ落としには効かないので、パーフェクトな方法とは言えないです。

頑固な汚れには歯ブラシや硬い目のブラシに歯磨き粉をつけてこすります。または酢水、重層水、レモン水などを耐熱容器に入れて電子レンジで加熱します。蒸気によって焦げ付き汚れが落ちやすくなります。なので電子レンジの掃除のポイントは掃除用液体を加熱して、その蒸気によって汚れをふやけさせて落とすことです。市販でも電子レンジ専用の汚れおとしがあります。そのような電子レンジ汚れに効果的な商品を使うのが良いです。又、専用のクリーナーをふきんに湿らし電子レンジで加熱し熱いままのふきんを酷い汚れの上に覆いかぶせておくと良いです。

掃除には身近な物を利用して行うことができる

“掃除を行う前には、しっかり道具などから揃えることが大切です。

事前に準備を整えておけばスムーズに掃除が行えるだけではなく、無理なく簡単に作業を行うことができるようになります。

しかし、頻繁に使用することのない物を一から購入することはとても大変なことです。

実は、とても身近な物を利用して掃除に活用することができるのです。

例えば身近な物として、片栗粉です。一見、掃除には全く関係ないように感じるかもしれませんが、片栗粉を利用することでお風呂掃除などの水廻りの掃除にとても役立ちます。

片栗粉に普段使用している洗剤などを混ぜて使用すれば、片栗粉の粘りがタイルなどに綺麗に付着してカビなどをしっかり洗浄してくれます。

また、お酢なども洗剤の代わりとして使用できます。

洗面所などの汚れやキッチンのシンク廻りにはお酢での掃除がとても有効で、とくにシンクなどはとても綺麗になります。

さまざまな物を利用してエコな掃除に心がけることも大切なことです。”

掃除はゲーム感覚で楽しく行いましょう

掃除は、部屋の衛生状態を保つ為に必要なことですが、面倒になって怠ってしまう方も多くいらっしゃいます。そんな掃除はゲーム感覚で行うことをお勧めします。綺麗にすることを、ゲームのRPGの敵を倒す感覚で行います。ゴミやホコリをモンスターと思って、ゲーム感覚で行うことにより、楽しく行うことが出来ます。掃除を定期的に行えば、掃除の技術も身につきます。それをゲームのレベルアップに見立てて行えば、やりがいも生まれていきます。楽しくないことは、いかに楽しむか考えて行うことにより、続けていくことが可能となります。掃除は衛生状態を保つ為には必要なことであり、掃除不足は不衛生な状態を生み出し、病気などに繋がってしまう可能性もあり、免疫力が低い子供や高齢者の方は影響を受けやすくなります。その為に、定期的に掃除を行うことにより、病気の予防になりますので、定期的に掃除を行いましょう。掃除を行うことにより、心も綺麗になります。

定期的な掃除は衛生状態に好影響があります

掃除は、衛生状態維持には必要なことです。一度掃除して、衛生的にしても、定期的な掃除をいなければ、衛生状態を持続することは難しいです。その理由は、人が暮らしていると、どうしてもゴミやホコリが溜まります。特に普段使用しない場所には、たくさん溜まっています。その様なじたを防ぐ為には、定期的な掃除が必要となります。掃除を定期的に行えないのは、スケジュールを決めていないからという理由が多いです。例えば、朝いつもより30分早く起きて、月曜日はトイレ、火曜日は洗面所、水曜日は寝室など、少しずつ定期的に掃除のスケジュールを決めて習慣化することにより、定期的に掃除を行うことが出来ます。学校や会社などと同じ様に、掃除のスケジュールを決めて、同居家族がいれば、当番制にして、ローテーションで回すということで、負担も減らすことが出来ますので、どうしても定期的に掃除を行えないという方には、スケジュールと当番制を導入することがお勧めです。

クローゼットの中も掃除機必須

“年に2度の割合でクローゼットの中も掃除をしています。

毎日開けたりするところも閉めたままのところも、この時は思いきって引っ張り出します。

特に引き出しではない、コートやカーディガンをかけているところが重要。

上の部分やハンガーをかけているポールもホコリがうっすらかぶっているし、下の部分の奥の角部分にはホコリがたまっていたりするのです。

普段閉めているからホコリなんてあるはずがない、と最初は思っていました。

これに気がついたのが、引っ越しの時にアパートのクローゼットから服を出してダンボール箱に詰めている時です。

床なら分かるのですが、クローゼットの下の角部分にホコリがたまっているのを見て驚きました。

即、掃除機でホコリを吸い取って固く絞った雑巾できれいに拭くと意外と汚れています。

おそらく服から出るホコリや糸くずのようなものがいつの間にか中でホコリになってしまっていたのではないかと思います。

それからは衣替えの時期に合わせて掃除機で見づらいホコリを吸い取り、中を拭いています。”

掃除の後は除菌しましょう

掃除は、衛生状態を保つ為には必要なことですが、掃除の後は除菌することをお勧めします。掃除すれば、見た目は綺麗になりますが、目に見えない菌が繁殖していることもある為に、除菌しましょう。除菌せずにそのままにしていると、家族全員病気になる可能性もあります。特に冬はインフルエンザやノロウイルスが流行る時期でもありますので、家族の誰か一人でも感性してしまえば、一気に家族全員感染してしまう恐れがありますので、除菌することが大切です。もちろん掃除で綺麗にしておくことが大前提であり、ホコリやゴミなどがあれば、虫の発生やハウスダストなど大きな問題に繋がってしまいます。掃除は定期的に行うことにより、毎回大仕事にならずに済みますので、定期的な掃除、定期的な除菌をすることがお勧めです。特に赤ちゃんや子供、高齢者は免疫力が低いので、掃除や除菌をすることは非常に大切となっています。掃除と除菌により、安心安全の毎日を過ごすことが出来ます。

掃除の際の粗大ごみについて

“使うかどうか分からないなあって思いながら、家についついおいていると、結構散らかってしまいがちですよね。

そこで、掃除に欠かせないのが、ゴミ袋、ゴム製の手袋、マイクロファイバークロスに中性洗剤などが必要になります。

不用品についてなのですが、ゴミで出せるもの、まだ使えそうだけど使わないものなどに分かれませんか。

そこで、買取のサービスの利用をオススメしています。

使わない家具なども買い取ってくれるので、自治体のゴミの分別で出すとかなり、お金を取られてしまうのですが、買取だと、いくらかお金をくれます。

古本や古着などもそうなのですが、常に、不要なものを捨てる前に、資源としてリサイクルできないかどうかについて考える必要があります。

ごみ問題って、自分の家だけ捨てればいいという問題でもなくて、お互いの無駄を減らしやすくすることを考えていかないとなあっていうのも実情なんですよね。年末年始などに、掃除問題で悩まれている方、ネットから買うこともできるんですが、売ることもできるのでオススメですよ。

困ったら、色々とやってみることをオススメします。

やっぱり、家族総出で捨てたりしないと、家の中って片付かないんですよね。”